ゲームジャム~平成最後の春休み編~

皆さんこんにちは!TNP部員2年次のYutaです。初投稿であまり慣れてなく読みにくいところがあるかもしれませんが, どうか温かい目でご覧下さいませ。

さて, 3/1(金)~3/2(土)の2日間, TNP部室にてゲームジャムが開催されました。

「ゲームジャム」とは, 最初にテーマが与えられた上で, 「短時間でゼロからゲームを作ってみよう!」というイベントです。 今回は1年次2人, 2年次3人が参加しました。

テーマは「数字」, 「お菓子」, 「飛ぶ」に決定し, 主にこれに沿って各々が自由にゲームを制作しました。

それでは, 皆さんの作品を紹介させていただきます。


製作者:ズッキー(1年次)

製作物:飛行機ゲーム

開発環境:Unity

飛行機を操縦して, 穴が開いた場所まで行き, タイミング良くアイテムを投下させて穴に入ればクリア!というゲームとのこと。飛行機の動きがリアルでカッコよく, 完成度も高くてびっくりしました。私もUnityでゲーム作りをしているのですが, 乗り物シミュレーション系に興味があるので参考になりました。


製作者:まんじゅう(1年次)

製作物:東方非想天則RPG(仮)

開発環境:RPGツクール

東方非想天則をモチーフにしたRPGゲームとのこと。JavaScriptの解読が非常に大変だったそうです。私は触れたことのない言語なので何が書いてあるかさっぱり分からず, これに粘り強く取り組めることにすごいと思いました。パラメータなどもたくさんあり, 様々な努力が感じられるゲームです。RPGツクールって奥が深いんですね…。


製作者:いっちー(2年次)

製作物:パズルゲーム

開発環境:DXライブラリ

数字をテーマとしたパズルゲームとのこと。ブロックを操作して他のブロックに触れると積まれていきます。シンプルな画面もまた味があっていいですね。当たり判定などに非常に苦労したそうです。DXライブラリはUnityなどのように簡単にGUI環境で手軽に当たり判定が実装できないので, 1からコードを書いて工夫してやるのはすごいと思いました。


製作者:うおちー(2年次)

製作物:ブラフゲーム&3Dモデリング

開発環境:Siv3D

ボードゲームの「ブラフ」を元にしたゲームとのこと。ボードゲームをプログラミングで再現するというアイデアに驚きました。短時間でこういったゲームが作れるのはすごいと思いました。

さらに, 時間が余ったということで「3Dモデリング」でいくつか作品を作ったそうです。うおちー氏はTNP子の3Dモデルを制作するなど, その道に関しては技術がすごいです。

キャンディやCD, お菓子の筒, フライドポテト, Tが付く企業のあの鳥など, 短時間でここまでリアルなものが作れるとは…さすがです。特にストローが蛇腹の部分まで細かく作り込まれていることにびっくりしました。


製作者:Yuta

製作物:ペットボトルロケットを飛ばそう

開発環境:Unity

私は最初何も思いつかなかったので, 「とりあえずUnityでなんか飛ばそう!」と思い, そこからペットボトルロケットになりました。「空気注入」ボタンを押して空気を貯めて, 発射ボタンを押すと飛んでいきます。発射台は自由に方向が変えられるようになっています。ペットボトルロケットが空間に存在するアイテム(お菓子)にぶつかるとポイントが獲得できます。アイテムはボタンを押すとランダムに生成されます。

コード自体は大して難しくはなかったのですが(簡単な動きの組み合わせだったので…), 手こずったのは座標軸とカメラの動きでした。ローカル座標系とワールド座標系が一致してないと頭が混乱します。カメラも思い通りに動かすにはまだまだ勉強不足でした。

あと, アイテムを増やしすぎるとfpsが低下して全体の動きが非常に重くなるのです(そりゃそうだ)。Time.deltaTimeを使えばよかったのでは?などの課題が残りました。


今回, 私は初めてゲームジャムに参加したのですが, 短時間でアイデアを考えて形にするのはなかなか難しかったです(基本マイペースなので)。でも限られた時間の中でどれだけのものが作れるのか試すことができ, 良い経験になりました。自分自身への良い刺激にもなったと思います。

ゲームジャムに参加する前は, 時間に追われ殺伐とした雰囲気でやるのかしらんなどとイメージしていたのですが, 実際はそうでもなく, 持ち寄ったお菓子をみんなで食べたりしながら楽しく制作ができたと私は思っています。

灯油ヒーターがつかず寒い部室でしたが, 心は温まりました。またやりたいですね, こういうの。