C++が使えたい 項目5(auto – 1)

サバです。
前回の記事は投稿後に大分変更・加筆をしたので、チラ見してくださいお願いします。
それに加えて、詰め込みすぎたので今回から1項目くらいずつで行きたいと思います。

 

<以下長い注意>
ここの内容は、サバが適当な自己解釈を重ねた結果、攪拌され白濁してしまった知識の泉から、沈殿物を素手で持ち上げようとした結果です。保証はしかねます。ご了承ください。

内容はEffectiveModernC++をわざわざ書き写したような何かです。
題名にEffectiveModernC++が入っていないのは更新が途中で止まる自信があるからです。

また、もしよろしければ、間違い、気になったところ、分かりづらいところなどを指摘してもらえると、サバがピチピチ跳ねて喜びます。喜びすぎてプログラミング言語C++第四版をあなたに投げつけるかもしれません。
(ぜひ教えてください。よろしくお願いします。 < ( _ _ ) > 何でもするとは言いませんから…

 

 

 

項目5 明示的型宣言よりも auto を優先する

 

結論:いいものはどんどん使おう!

IDEあるならとりま使いましょう。ぐう有能。
(もちろん注意するとこもあるみたいですが…

具体的な使用例(特に変数宣言範囲for文!!)

変数宣言auto value = 0; int
範囲for文for (const auto& content : container) { }範囲for文 + auto&は最強
関数の戻り値auto func(){ return “auau”; }const char *
ラムダ式の引数 auto lambda = [](auto& arg)

    std::cout << arg;
};
これはC++14以降の機能

 

 

 

 

・auto ? なにそれおいしいの?

    つ autoはおいちい。(前回の記事)
   もし良ければ下にある「autoの利点」もどうぞ…
     ( このサイトが大好き。 : cpprefjp) // 神様です。いつもありがとうございます。
  

 

 

 

 

・深淵を覗きに行くために…

 auto の利点

 ・変数の初期化忘れがなくなる

    auto i = 0;
  • 型推論のために必ず初期値を指定する必要がある。

 

 ・コンパイラが適切な型を選んでくれる

    std::vector<int> vec;
    auto size = vec.size(); 
  • std::vector<int>のサイズを表す非負整数型は std::vector<int>::size_type だけど、そんな長いの覚えてコーディングする必要がなくなる。

 

 ・労力が減る

    std::vector<int> data(10)

    for (auto& val : data)
        std::cin >> val;

    for (auto ite = data.crbegin(); ite != data.crend(); ++ite)
        std::cout << *ite << std::endl;

  • 入力から10個の整数を受け取って逆順で出力するプログラム
  • std::vector<int> の int を書き換えるだけでどんな型にも対応できる(double, std::string, long, etc…)
  • イテレータの型指定で悩むこともなくなる
  • コンパイラに任せた方がヒューマンエラーは減る。楽しよう!

 

 

私は脳死して使うようにしています。autoだいしゅき。
C++に追加されたということは、いいからだまって使えという機能のはずですから。(盲信)

 

 

< 前の項目へ   次の項目へ >

コメントを残す