ゲームジャム(1年生向け編)

はじめに

こんにちは、3年生のいっちーです。9/27~9/28に1年生向けのゲームジャムを行いました。

今回は1年生向けということで、2年生以上とペアを組んでゲーム制作を行うペアプログラミングを行ってみました。

ただ、ゲームジャムは2日間を予定していましたが、2日目は日程が合わない方が多く、私を含め2名だけの参加でした。なので、1日目と2日目でテーマを変えた実質1日のゲームジャムになりました。


1日目

1日目のテーマは「」「消える」「疾走感」でした。参加者は1年生が3名、2年生以上が3名で丁度良くペアを組むことができました。

なりょー(1年) & まんじゅう(2年)

開発環境:DXライブラリ

落ちてくる雨粒や障害物を避けながらゴールを目指すアクションゲームです。

コードを書く前に、ステージの概略や当たり判定の計算方法などを紙にしっかり書いていたのが印象的で、丁寧にプログラミングをしていると思いました。私は行き当たりばったりで進めていくことが多く、それがバグの原因にもなっているので見習いたいと思います。

T.S.(1年) & ずっきー(2年)

開発環境:Unity

プレイヤーを操作して、落ちてくる雨粒を避けるゲームです。

プレイヤーは雨粒に当たると小さくなっていき、最後には消滅してしまいます。当たり判定はプレイヤーの大きさに依るようで、プレイヤーが大きいうちは避けるのが難しく、プレイヤーが小さくなり消滅寸前になると避け易くなるという、バランスの考えられたゲームだと思いました。

UMA(1年) & いっちー(3年)

開発環境:DXライブラリ

前回のゲームジャムで制作した、鳥を火炎弾で焼き鳥にするストレス解消ゲームの改良版です。

当たり判定や火炎弾の連射の修正、焼き鳥を画面上方向に移動させて昇天させるなど、システム面と演出面で改良を加え、より一層ストレス解消が見込めるゲームとなっていました。


2日目

2日目のテーマは「強靭」「丸い」「焦燥感」でした。

まんじゅう(2年)

開発環境:RPGツクール

ボールをぶつけあうスポーツのようなゲームだそうです。

今回はアニメーションにこだわったようで、ボールがプレイヤーと敵の間を動くようにアニメーションし、ボールを投げている様子が表現されていました。

また、ある条件を満たすとプレイヤーの覚醒イベントが発生し、ステータス向上に加え、強力な必殺技が使用可能になるなど、一方的な試合になっていました。

いっちー(3年)

開発環境:DXライブラリ

ボールを操作して、制限時間内にスタートからゴールまで移動するイライラ棒のようなゲームです。

ボールには慣性が働いており、床には傾斜がついているので、思いのほか操作の難しいゲームになりました。また、壁に当たると加速度が反転します。


おわりに

制作期間がほぼ1日と短い時間でしたが、1年生全員がゲームを完成させることができたので、ペアプログラミングは成功と言えるのではないでしょうか。TNPはほとんど個人制作で今回のように複数人でゲーム制作を行うことがないので、これをきっかけにチームでプログラミングする機会が増えればいいなと思います。

コメントを残す